正しい使い方でブレーカーの寿命が伸びる【交換頻度を抑えるために】

ブレーカーは壊れやすい物?その交換ちょっと待った

流れを知ろう

無知なまま業者に依頼をしてしまうと痛い目を見てしまうことがあるかもしれません。しかし、ある程度の知識を頭に詰め込んでおけば業者の口車に乗せられることなく作業を終えることができるでしょう。

契約から完了までの流れ

契約する

見積もりやサービス内容等の内容に納得したのであれば、契約書にサインをすると良いでしょう。業者によりけりですが、契約時にサイン以外にハンコが必要なこともあるので、事前に質問しておくべきです。

作業日を確定する

業者と依頼主の都合が合う日を調整しなければならないので、最低でも3日は候補に入れておくとスマートです。そして、日にちが合えば作業を開始することができます。

支払う

支払い方法も業者によってまちまちとなっていますが、全ての作業が完了した後に支払うのが一般となっています。支払方法は現金やクレジットカードなどがあるので、最適な方法を選ぶと良いでしょう。

正しい使い方でブレーカーの寿命が伸びる【交換頻度を抑えるために】

ブレーカー

周囲に物を置かないこと

すぐにブレーカーが壊れてしまう要因として、周辺の環境が悪い可能性があります。そのため、少しでも長持ちさせたいのであれば、次のことを守るようにしましょう。例えば、ブレーカーの周りに物が置かれていると夏は特に熱がこもってしまいがちです。そうすると、ブレーカーが故障してしまう原因になるので、周りにある物を避けるようにすると良いでしょう。

湿気の少ない場所

電気は水に弱いので、なるべく湿気の少ないところにブレーカーを設置するのが賢明です。また、場所に問題があるのなら、交換する時に業者に場所を変えられないかと相談してみるのもいいかもしれません。

ほこりがまわない場所

ブレーカーの内部にほこりやちりが少しでも侵入してしまうと、火災の原因となってしまいます。こまめに掃除をすることによって、危険から身を守ることができるようになるでしょう。

子供やペットの手の届かないところへ配置

子供やペットは時に大人が想像しないことをしてしまうことがあります。ブレーカーの交換をしたばかりであっても、子供やペットが触ってしまい、感電してしまうこともあり得るので、天井に近い場所にするべきです。

安全面にも一役買う

このように、配置をチェンジするだけで安全にブレーカーを利用することができるので、寿命が短いと思う場合はこの機会に場所の交換を依頼してみると良いでしょう。専門家を頼ればすぐに問題を解決することができますよ。