ブレーカーの寿命が分かる~交換はお早めに~

依頼をしよう

ブレーカーの交換時期が来たのであれば、専門業者に依頼すると良いでしょう。その方法は大まかに分けて2通りあるので、自分に合う方法を試しておくのが賢明となっています。

依頼方法の違い

電話をかける

営業時間内に電話をかけることができるのであれば、この方法がいいかもしれません。お互いに伝えたいことが伝わりやすいので、連絡ミスをなくすことができるでしょう。

メールを送る

時間外に連絡を入れたい場合はメールを送信するのがベターです。要件をメールにまとめていればスピーディーに対応してもらえることもあるので、利用してみると良いでしょう。

ブレーカーの交換は素人がやってはいけない『プロに任せるのが鉄則』

ブレーカー

交換するタイミング

電気を稼働させるために必要不可欠なブレーカーは1家に1台はあります。それが故障してしまうと怪我や火災の原因となってしまうので、時期が来たら専門業者にブレーカーの交換を依頼するのがベストです。しかし、素人目では判断できかねるので、だいたい設置から10~15年が経過したのであれば、メンテナンスを含めて業者を呼ぶのがいいとされています。

相談

症状

自宅にあるコンセントから火花が出たり、ブレーカーが勝手に落ちたりすることが頻繁に起こるようになったのであれば、交換のサインです。これらの症状が出ているのなら今すぐ業者に電話やメールをすると良いでしょう。

困る人

費用

ブレーカーを修理するだけであれば、1台3500円前後で行なうことが可能でしょう。しかし、交換ともなると1万円から2万円前後になることがあります。料金は業者やブレーカーの状態によって大きく異なってくるので、できるだけ見積もりや現地調査をしてもらうと良いでしょう。見積もりや現地調査は無料でしてもらうことができるところもあるので、ムダな費用をかけずに依頼することができるようになっています。

[PR]
ブレーカーの交換・修理の専門業者
生活の中の安全を守ろう

複数の業者を比較

1社だけに査定を依頼するとそこの料金しかわかりませんが、複数の会社の料金を調べることによって、費用の安い業者を選ぶことができるようになるでしょう。相場を知るためにもぜひ比較してみて下さい。